風俗の求人を探すなら、ぜひデリヘルを

風俗面接の心得

指輪をつけている女性

前回は、人間関係の判断ではお店の面接官の様子が一番の判断材料だということを紹介しました。
風俗の面接でも、どんな業界でも同じですが、面接とはこちらの人となりを見る機会であり、こちらが就職先を見る機会なのです。
デリヘルとは無店舗型のお店なので、さすがに同僚になるであろう女の子と触れ合う機会はあまりないでしょうが、それでもスタッフとは会話ができます。
まずは、求人情報から電話をして、その電話口でのスタッフの対応を見ましょう。
この時に少しでも不穏なものが感じられたら辞めたほうがいいかもしれません。しっかりとスタッフの対応を見て、働く女の子を大切にしているかどうか判断しましょう。
さて、実際の面接での格好ですが、これは私服でも構いませんが、時々お店の側から指定がされる可能性があります。
この時は、きちんと指示された内容を順守した格好で面接にのぞみましょう。
さらに、面接では緊張してしまうでしょうから、聞かれるであろう質問の内容はあらかじめ予想してメモにでも書き起こしておきましょう。
具体的に言えば、スリーサイズやブラのカップ、さらに男性のタイプから、趣味や前職まではプロファイルしてきます。
これは、女の子を売りだすうえでも、貴重な情報なのできちんと答えを用意しておくと良いでしょう。